研究日誌(2023/10/23)『ストール精神薬理学エセンシャルズ』より統合失調症の病因について

■『ストール精神薬理学エセンシャルズ:神経科学的基礎と応用Ver.5』(S.H.Stahl, 仙波純一他(訳)、メディカルサイエンスインターナショナル、2022)は、どんな精神医学テキストよりも詳しくてしかもわかりやすいが、1万2千5百円と高価なのが残念なところだ。

 以下に、第4章の統合失調症の病因について書かれたページより引用する。

統合失調症は遺伝的要因(生まれつきの性質)とエピジェネティックな要因(育ち方)の両方の結果として発症すると考えられる。すなわち、多くの遺伝的リスク要因を有している個人が、エピジェネティックな変化をもたらす多くのストレス要因と合併するときに、(シナプスの)結合の障害という形での異常な情報処理、異常な長期増強(LTP)、シナプスの可塑性の低下、不十分なシナプスの強度、神経伝導物質の制御不全、シナプスの競合的除去の異常などが現れる。この結果として、幻覚、妄想、思考障害のような精神症状が出現する。」(p.170、図4-62)

「図4-62.累積する環境的ストレス要因:多数の生活上の出来事←産科の出来事・幼児期の虐待・ウィルスや毒素、マリファナ、外傷体験(例えば、戦争での戦闘)、いじめ」(ibid)

統合失調症の場合に疑われることは、シナプス形成の神経発達過程および脳の再構築が間違ってしまうことである。シナプスは正常では出生から6歳ぐらいまでの間に凄まじい勢いで形成される。脳の再構築は生涯をつうじて起こるが、競合的除去と呼ばれる過程での遅い小児期と思春期の間に最も活発となる。競合的除去およびシナプスの再構築は思春期に達するころからそのおわりまでの間にピークに達する。正常では小児期に存在したシナプスの半分から3分の2だけが大人まで生き残る。精神病の陽性症状の発達(精神病的「破綻」)は競合的除去およびシナプスの再構築がピークを迎えるこの危機的な神経発達期間に続いて起こるので、統合失調症発症の一部の背景としてこれらの過程で考えられる異常に疑いがかけられている。」(pp.172-173)

 

 

研究日誌(2023/9/30)脳は内から世界をつくる(G.ブザーギ著、日経サイエンス

■「脳は内から世界をつくる」(G.ブザーギ 日経サイセンス 2023.10月号、78-85)より、引用する。

 かつて若い講師だったころ、私は医学生向きの講義で、神経生理学を教科書どおりに教えていた。脳がいかに外界を知覚し、身体を制御しているか。眼や耳からの感覚刺激がどのように電気信号に変換され、脳の感覚野に送られて処理され、知覚が生まれるか。そして運動野の神経インパルスが脊髄の神経細胞へいかに指示を出し、筋肉を収縮させることで身体動作が始まるかを熱く語った。
 ほとんどの学生は、脳の入出力メカニズムに関するこの定型的な説明を受け入れた。しかしいつも少数の、とくに賢い学生が答えに困る質問をした。「知覚は脳のどこで起こるのですか?」「運動野の細胞が発火する前に、これから指を動かすことをどこが決めているのですか?」こうした問いを、私は「すべて大脳新皮質で起こります」とやりすごした。そして巧みに話題を変えるか、ラテン語由来の専門用語を使って、権威がありそうな説明でひとまず満足させようとしたのだった。
 他の若い研究者たちと同じように、脳の研究を始めたばかりの私は、この認知と行為に関する理論的な枠組みが本当に正しいかどうか、ほとんど疑っていなかった。長年、自身の研究の進展や、1960年代に「神経科学」という分野の誕生へとつながるめざましい発見の数々に満足していた。しかし、最も優秀な学生たちのもっともな質問に十分に答えられなかったことは、私を悩ませた。私は自分が本当に理解していないことを、人に説明しようとしていたのではないか。
 だが年をへると、この不満を抱えているのは私だけではないことがわかってきた。同僚の研究者たちも(本人が認めるかどうかはとにかく)同じ思いを持っていた。
(‥‥)
私たち神経科学者がここで足を踏み込んだのは「心とはいったいなにか?」という重い問いだ。(p.80)

研究日誌(2023/9/22)『マインド・フィクサー』より(続)

■『マインド・フィクサー』については、研究日誌(2023/9/4)でも引用したが、ようやく読了し、そして結論の末尾に近く、意義深い文章をみつけたので、抜粋しておきたい。

「これまでとは対照的に、新しい精神医学は謙虚さを美徳とし、自分たちが直面している科学的課題がどれほど複雑であるかを認めていく必要があるはずだ。‥‥結局のところ、現在の脳科学では、多くの、いやほとんどの精神活動の生物学的基盤について、まだ理解できていないのだ。」(p.276)

研究日誌(2023/09/19)『統合失調症は治りますか』(池淵恵美)より

■池淵恵美著『統合失調症は治りますか:当事者・家族・支援者の疑問に答える』日本評論社、2022)より、抜粋する。

「Q21 統合失調症という病気は治りますか。

Ans 私が一番残念に思っているのは、「人類がまだ統合失調症を克服できていない」ということです。‥‥精神医学、そして脳の研究はどんどん進んでいますから、それほど遠くない未来によい治療法が出現することに期待したいです。ただ、それは数年先だとか、そんなに近い未来ではなさそうです。‥‥」(p.64)

「‥‥統合失調症に伴う脳の不調には、次のようなものがあります。

①注意を集中したり、出来事を覚えたり、仕事の段取りをつけたりする神経認知機能の障害。

②相手の表情や動作から、気持ちや意図を察したり、おかれている状況を理解した入りする社会認知機能の障害。

③自分自身の感情や状態を理解する自己認識機能の障害。

④‥‥陰性症状

 ‥‥薬物で幻聴がよくなっただけでは元気に生活できるようにならないことが多いのは、この障害があるからです。」(pp.39-40)

 

研究日誌(2023/9/4)『精神科診断に代わるアプローチ PTMF』等を読んで

■『マインド・フィクサー精神疾患の原因はどこにあるのか?』(アン・ハリントン、松本 俊彦/監訳、金剛出版、2022 )を読む。

1963年から始まったアメリカの脱施設化について‥‥

「だが脱施設化による地域が進むと、精神保健・医療システムは患者に対処する能力をもはや失ったように見えた。”州立病院を閉鎖したことで、「責任の所在が地域社会に戻ったわけではないと思います。親に責任が押し付けられたのです!"[123]、”私たちが死んだら、子どもたちはどうなるのでしょうか”[124]、といった、システムの責任放棄やそのリスクの高さを指摘する声が聞かれた。」(p.178)

■『精神科診断に代わるアプローチ PTMF』M.ボイル・L.ジョンストン、北大路書房、2023)より。

「例えば、米国の国立メンタルヘルス研究所(国立精神生成研究所)の元所長であるスティーブン・ハイマン博士は、DSM-5を「完全に間違った、純然たる科学的悪夢」(Belluck & Carey 2013に引用)と表現しています。」(p.11)

「アンチ・スティグマ・キャンペーンでよく使われるスローガンには、「精神疾患は、他の疾患と同じです」というものもあります。/このようなことを言われると、精神科診断と医学的診断が同じプロセスであり、同じ目標と結果があるような印象を受けます。」(p.12)

研究日誌(2023/8/6) 観劇は他者経験のモデルにはならないようだ:『像意識と平面構成:フッサール想像論の未開の境地』(伊集院令子)を読みながら

■以前の記事「研究日誌(2022/3/19)フッサール他者論、リシールの空想身体論、ファンタシアを経由して間身体性へ?」で、坂本(2021)の次の文章を引用しておいた。

フッサールは「知覚的空想(perzeptive Phantasie)」という概念を導入する(ⅩⅩⅢ, Text Nr.18)。これは矛盾した概念ではない。この概念における「知覚」とは像物体のWahrnehmungではなく、像客体のPerzeptionであり、後者は実在を措定しない、いわば中和化された知覚だからである。リシールによれば‥‥」(p.134)

「他者身体の構成は、像意識とは別の準現在化作用である「知覚的空想」の働きにその可能性が求められねばならない」(ibid)。

フッサールは知覚的空想の事例として、『リチャード三世』を挙げている(ⅩⅩⅢ,515)。」(ibid.)

 つまり、perzeptive Phantasie(「知覚的空想」とあるが、後出の「知覚的想像」でよいと思うので、以後こちらを用いる)こそが他者身体への通路であって、そのモデルとして観劇体験が引かれている、と私は解したのだった。

 そこで参照されているテクストを読みたくて、立正大学現象学者T教授の研究室まで行って、HusserlianaⅩⅩⅢのText Nr.18のコピーを貰って来た(この研究室は数年前に科研費研究会で何度か訪れたことがあり、懐かしい気がした)。
 それが4月のことで、いらい2度読み返したが、フッサールのこととてひどく読みにくい。まだフッセリアーナのこの巻のメインである「Phantasie und Bildbewusstsein(想像と像意識)」の方は「冬講義」と称される講義ノートだけあって叙述が具体的で読みやすいが、こちらは同じ未公刊でも覚書だ。人に見せるなどテンから考慮の埒外だったのだろう。
 ただ、以前の像意識分析を修正し、観劇経験のところで、それは摸像(Abbild)ではないこと、そこでの経験のals ob (=かのように)という特徴を、強調していることだけは印象に残った。
 そこで、これもT教授からフッサール想像論の研究者として噂をうかがっていた伊集院令子氏の『像意識と平面構成』を図書館で閲覧して、該当部分にあたってみた。

 「第七節フッサールによる像概念の自己修正の限界」(伊集院、2001、pp.71-75)がそれに当たる。節タイトルから想像させるように、フッサールにかなり内在的批判の態度を取っている。

 まず、伊集院訳でのフッサール草稿の該当部分を引用しよう。

「私は以前、像的(造形的)芸術(bildende Kunst)の本質には像において呈示することが属すると考え、そしてこの呈示作用を模像作用と理解してきた。しかしながらよく考えるとこれは正しくない。演劇上演の際にわれわれは知覚的想像(perzeptive Phantasie)中に生き、われわれはひとつの像の連関した統一のうちに「像」(Bild)をもつが、それだからといって、模像(Abbilder)をもつのではない」(S. 514-515)。

 ところが伊集院によると、このようなフッサールの自己修正には問題がある。一見すると、模像性なき像概念は、「誰も見たことのない対象の絵(神の絵やケンタウロス、あるいは鉄腕アトムなど非実在的対象の絵)‥‥模像性は類似性を前提とするが、非実在的対象との間に類似性を想定することは不合理ではないか、というわけである。‥‥しかし重要なことは、フッサールの像概念の基本的構造(三層構造)は、模像性なしには成り立たないということである。しかも、フッサールの模像性は特異な概念であり、像客観と像主題との間に成立する類似性は、人物画とそのモデルとをわれわれが比較しつつ眺め、そこの類似性を見てとるというような、関係づける意識(vgl.XXIII, S. 27f.)において把握される類似性ではなく、そもそも像(絵画)のうちに何か別のものを観入する(hineinschauen)ことを可能にする意識の機能を指すのである。そして、このような意味における模像性ならが、神の絵やロボットの絵においても、画面に描かれた形象(Figure)が、われわれの知っている人間やロボットになにがしか類似している図姿であるということにおいて、模像性を認めることができるのではないか、と思われる」(p.220-221「注」)。

 長々と引用したが、ここで思いついたことは、演劇の上演などにおいても、私がまるでハムレットであるかのように(als ob)劇の世界を生きるという体験においても、模像性を認めることができる。しかも何に類似しているかというと、ハムレットならぬ現実の私自身という生き方に、類似している、のではないか、ということであった。

 すると‥‥どういうことになるか。

 観劇体験が他者経験のモデルどころか、他者経験こそ観劇経験のもでるであることになる。したがって、知覚的想像に他者構成の手がかりを求めることは、逆立ちしているのではないか‥‥

 

引用文献

伊集院令子(2001).『像意識と平面構成:フッサール想像論の未開の境地』晃洋書房

Husserl, E. (1980). Phantasie, Bildbewusstsein, Erinnerung. Zur Phänomenologie der anschaulichen Vergegenwärtigung. In E. Marbach (Ed.), Husserliana XXIII.

坂本秀夫(2021)「「間身体性」の近さと隔たりー間身体性の倫理学の構想(2)ー」跡見学園女子大学文学部紀要、第54号:125-144

orpheusAI作曲主題歌「時空をわたる吟遊詩人」を公開したの巻

AI自動作曲システムOrpheusで「時空をわたる吟遊詩人」を公開しました。
上記のリンク先Orpheusサイトで試聴できます。

元々、同名の世界名作二次創作シリーズの主題歌として作曲したものです。
二次創作の方は「第Ⅰ篇トロイの木馬と予知姫の伝説」と題して、別ブログで連載中です。ただし、第8話まで来て、後が進まなくなってしまっていますが(当たり前ですがホメロスの二次創作なんてだいそれたことを企てた報いか?)。
主題歌の歌詞を紹介します。

 【時空をわたる吟遊詩人】

吟遊詩人さん 吟遊詩人さん
あなたの笑顔は 素敵なのに
歌はどうして 悲しいの
竪琴のしらべが 胸しめつけるの♫

翳なき瞳の 娘さん
君もいつか見る 涙の谷を
国をめぐり 時を渡っても
聞くのは 滅びの歌ばかり♫

だから僕は 死ねなくなった
海と空を渡り 時を越え
竪琴に乗せて 届けよう
滅びしものの 物語を♫

正しいがため やさしさゆえに
滅んだ勇士や 姫君の
また名もない人の 物語を
忘れないでと ささやく声を♫

ぼくは吟遊詩人 時空をわたる
竪琴に乗せて 届けよう
忘れないで 忘れないでと
ささやく声を 物語を♫

注記:3番と5番に出てくる「竪琴に乗せて」は、「竪琴の音に乗せ」の方がいいのではないかと後で思い、歌詞を変えて作曲しなおしたところ、曲想が変わってしまいました。どうもAIさんのやることはわかりかねます。で、そのまま公開しました。