2021-03-02から1日間の記事一覧

研究日誌(2021/3/1):『現実とは何か』

■『<現実>とは何か』(西郷甲矢人・田口茂、筑摩書房、2019)を読み始める。 まだ第1章だが、面白いくだりがあったので、引用しておく。 「観測者から独立である」といっても、一切観測されないのであれば、「物」として問題にすることさえできない。…

アグリッパ・ゆうの読書日記16:恐竜の如く時代に取り残されたマルクス原理主義者の悲劇『東京大学学問論 』

東京大学学問論 佐々木 力 (著),作品社 2014 恐竜の如く時代に取り残されたマルクス原理主義者の悲劇 この著者はしきりにセクハラ冤罪を主張しているが、それにしては書くのを隠していることが少なからずある。その一つに、本書にも「労働者の力」として出て…