研究日誌(2022/10/1)リクールの物語的自己同一性(personal identity)について

■研究日誌(2022/6/15)「マッキンタイアの物語論的人格同一性(personal identity)について」についての続きになるが、リクールを読み返し、より納得できるフレーズを見つけたので、引用しておく。

「‥‥こうしてその名で指名される行為主体を、誕生から死まで述べている生涯にわたってずっと同一人物であるとみなすのを正当化するものは何か。その答えは物語的でしかあり得ない。「だれ?」という問いに答えることは、ハンナ・アーレントが力をこめてそう言ったように、人生物語を物語ることである。物語(ストーリー)は行為のだれを語る。〈だれ〉の自己同一性はそれゆえ、それ自体物語的自己同一性にほかならない。」(『時間と物語Ⅲ』(久米博訳、新曜社、1990、p.448)
「この二律背反が消えるのは、同一(idem)の意味に解されるidentitéを、自分自身(ipse)の意味に解されるidentitéに替えるならば、である。idem とipseの違いは、実体的または形式的自己同一性と、物語的同一性の違いにほかならない。‥‥〈同〉の抽象的同一性とは違って、自己性を構成する物語的自己同一性は、生の連関のうちに変化、動性を内包することができる。そのとき主体は、プルーストの決意にしたがえば、自分の人生の読み手であると同時に書き手として構成されて現われる。」(p.449)
「第一に、物語的自己同一性は、安定した、首尾一貫した同一性ではないことである。同じ偶然的な出来事についていくつかの筋を創作することが可能なように(その場合、それは同じ出来事と呼ぶにはもう値しない)、自分の人生についてもいろいろ違った、あまつさえ対立する筋を織りあげることも可能なのである」(p.452)。 

「多くの物語において自己がその自己同一性を求めるのは、人生全体というスケールにおいてである。」(『他者のような自己自身』(p.149)

「「私は誰か」の問いへの答えとなるような、時間における恒常性の形はないだろうか。」(p.153)

「‥‥同一(idem)と自己(ipse)の区別を知らないと同時に、人格的自己同一性の逆説を解決するために物語性が提供してくれる資源をも知らないような、人格的自己同一性理論の権利を検討してみる必要がある。じつはこの同じ理論が人格的自己同一性の逆説を強く、明晰な言葉で提起するという長所をもっているのである。」(p.160)

「自己同一性の二つのモデルの区別という導きの糸がなく、物語的媒介という助けが無かったら、人格的自己同一性の問題は、難問と身動きできない逆説との迷路にはまりこんでしまうことは、分析によって養われた英語圏の哲学者が、まずはロックやヒュームから学んだ教訓であった。」(ibid)

研究日誌(2022/9/29)可能世界再論、必然的同一性と偶然的同一性

■以前、本ブログ「研究日誌(2022/5/23~)『ディヴィッド・ルイスの哲学』(野上志学青土社、2020)を読み‥‥」に、この本から以下を抜粋した。
----------------------------------

[32]さらに、同一性の必然性を否定し、偶然的同一性を支持する古典的な例としては、Gibbard1975の「ランプルとゴリアテの例」がある。また、OPW第4章第5節にも類似の議論が見出される。Nooman2013第4章も参照(p.271)。
----------------------------
 その後、Gibbard1975を一読。「ランプルとゴリアテの例」とは、ゴリアテの彫像と材料の粘土塊(lump1)は、あらゆる点で同一だが、A=Aのような必然的(necessary)同一性でなく偶然的 (contingent)同一性というべきである、というもの。その理由は、まったく同じ粘土塊(lump1)を用いてゴリアテではなくダビデ(英語読みディヴィッド<笑)が作られた世界を想定することは可能だから、ということだった。ついでだが野上が「ランプル」と訳している"lump1"は、「粘土塊1」と訳すべきではないか?"l"か "1"か、原文の字が小さくて判別し難いのだが。

 これは、ルイスが挙げている「私とフレッド」の例とは意味が違うが、偶然的同一性の例であることは間違いない。ちなみにルイスの例とはーー
--------------------------
‥‥私が誰か別の人間だったかもしれないという可能性について考えてみよう。ここに私がいる。そこに哀れなフレッドがいる。神のご加護がなければ、あそこには私がいたかもしれない。私が私であって彼ではないのは、なんと幸運なことであろうか。そして、幸運があるところには偶然性がなければならないのである。私はいま、私が哀れなフレッド であるという可能性について考えており、それが実現されていないことを喜んでいる。私は世界の質的な違いを含むような可能性について考えているのではないー-たとえば、私とまったく同じ起源をもつ誰かがフレッドとまったく同じ不幸な境遇に陥っている世界について考えているのではない。そうではなく、この世界と全く同じようなある世界において自分がフレッドである可能世界に考えているのである。‥‥私が考えていたのは、単に私がフレッドの人生を送ったかもしれないということではなく、私がフレッドの人生を送ったフレッドだったかもしれないということだった(OPW,p.231,邦訳,p.263)
-----------------------------
 また、註(第4章)の次のくだりも興味深い。
-------------------------
(23)トマス・ネーゲルは、自分が誰か別の人物だったかもしれないという考えについて論じている。彼は次のように言う。「私がTN(あるいは誰であれ私が実際にそうである人物)であることは、偶然的であるように見える‥‥私はたまたまTNという公に同定可能な人物であるかのように思われるのだ(Nagel 1983:p.225)。ネーゲルによれば、この考えは額面どおりにうけとるべきであって、私が違った人生を送ったかもしれないというようなもっと扱いやすい考えに置き換えるべきではない。これに対して、私は次のように主張する。この考えは、ネーゲル自身が提案するように、結局のところ彼は本当はTNではないという考えに置き換えるのではなく、彼は、たまたまTNを通してこの世界を見ているが誰か別の人物を通してみることもできたような、ある「自己」であるという考えに置き換えるべきである(こんなことをして何になるのかだって?こちらの「自己」であってあちらのではないということの偶然性と幸運を感じてもらえないだろうか)。‥‥(OPW,p.317)
--------------------------

 また、ルイスの例と同じ偶然的同一性の例として野上が挙げている「緑と直子の人格が入れ替わる」例は、上記「研究日誌(2022/5/23~)」に引用済み。

 

アグリッパ・ゆうの読書日記(2022/9/22)『彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠』を再び取り上げる!

■『彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠』(樋田毅、文芸春秋、2021)を少し前に本ブログに書いたが、より整理した形で再度取り上げます。

 革マル派に殺害された文学部の川口君の一年下の後輩でその後朝日新聞記者になった著者が、半世紀後に当時の状況を生々しく描き出し、当時の革マル派幹部を尋ね歩いたりしています。
 この著者の周囲ではリンチにあい登校できず退学した学生多数だったようで、学問の自由以前の状況です。
 ただし、何となく革マル派だけを槍玉に挙げて、トカゲの尻尾切りに持ち込もうという気配があります。
 そもそも中核革マル戦争は、中核が革マル派の海老原君をリンチ殺害して大学病院の前に放置したことから始まっているのです。少し後に革マル派をもう一人殺害しています。
 その時、中核派が要求に応じて謝罪をしていれば、あの凄惨な内ゲバ戦争は起こらなかったかもしれないのです。だから責任は中核にだってある。そんな暴力性では革マルを上回る中核派の集会に出たのだから、川口君だって目を付けられても仕方のない位置にあったのかな、などと思えてきます。
 繰り返し言いますが、暴力性は全共闘運動、さらには当時の反日共系左翼学生運動全体の問題だったにもかかわらず、革マル派に矮小化しているのが本書の問題です。。
 半世紀前は京大〇学部だって似たような状況だったのです(革マルではなく中核と、いまは誰も覚えていないブントなる組織が中心でした)。じっさい評者も、乱闘に巻き込まれて怪我をしたりしたし、全共闘派に研究棟を封鎖されたため実験ができなくなり、その後のキャリアで実験家を断念せざるをえなくなったものでした。
 ところが全共闘派の学生の中にはバリケートの内側で実験をやって論文を書いた者がいました(その後どこかの大学に就職したと聞いていますがコイツだけは許せません。また、同じクラスの全共闘派の学生が、朝日新聞に就職しています。それで分かることは、左翼崩れが大量にマスコミに流入して、いまだにその縮小再生産が続いているということです。こんなんで報道の中立性など守られるわけがありません))。
 このような経験があると、「般化の法則」によって嫌悪の対象が全共闘派だけでなくマルクス主義的左翼全般に及んでしまいます。けれど、寛容なリベラル社会を目指す一人として、そのような感情を引きずっているのはまずいのではないでしょうか。本書の著者の樋口氏も、非寛容に対していかに寛容でありうるかの問いを投げかけています。
 そこで必要となるのが、体験テクストに基づく学問状況の現代史です。『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』(池上彰佐藤優)も読みましたが、著者らが当事者目線ではないので掘り下げが足りません。こちらで目論むのは、色んな立場での直接体験テクストの収集に基づくものです。
 ー-等などと言っても、評者には残り時間が少ないし、そもそも発表場所も簡単には見つかりそうもないので、だれか後から来る人に託せればいいです。
 教授会団交なるものに出たことがあるが、司会の大学院生が「自分は極左暴力主義者だと言われている」と自慢していたことを思い出す。そんな暴力崇拝の時代だったのです。やはり全共闘運動はボルシェヴィズムよりナチズムのヒトラー・ユーゲントに似ている。だれか、戦後最大の青年全体主義運動であった全共闘運動を調査して、「全共闘黒書」を編んでくれませんか。いつまでも証言者がいるとは限らないのだし。

研究日誌(2022/9/9)人の同一性について

■セオドア・サイダー「人の同一性」『形而上学レッスン』の最後に面白い一節を見つけたので、引用する。
-------------------------------------
‥‥ほとんどの日常的なケースでは、心理的連続性と人の同一性は一致している。パーフィットによれば、その理由は、人の同一性が枝分かれしない連続性にほかならないからであり、連続性がめったに枝分かれしないからだ。だが複製が生じるケースでは枝分かれしてしまっている。その場合には、あなたは存在しなくなるのである。でも、複製が生じるケースでは、存在しなくなることは悪いことではない。パーフィットはそう言う。あなた自身が存在し続けることはないとしても、それでも重要なことは何も失われない。心理的連続性はちゃんと保たれるからだ。(じっさい、あなたは二重に助かるのだ!)
 パーフィットの見解は実に興味深く、意欲的だ。でも、完全に存在しなくなることも時にはたいしたことじゃないなんて、ほんとうに信じられるだろうか?そうするためには、日常的な信念をラディカルに変更することが必要になる。ほかの選択肢はないのだろうか?
 代わりに、人の同一性に関するほかの前提を考え直すこともできるだろう。もし元の人と、その人にとって代わる複数の人のあいだで同一性が成り立つと、とって代わる人はどれも同一人物だというおかしな結論が得られる。複製の議論では、そう前提されていた。だが、このおかしな結論が導かれるのは、人の同一性が数的な同一性である場合、つまり、数学のイコール記号(=)によって表されるものと同じである場合だけだ。この章の冒頭で、この二つは同じだと前提した。だが、ひょっとすると、これはまちがいかもしれない。「人の同一性」は実際には数的な同一性ではまったくなく、どんなささいな変化からも、数的に異なる人物が実際に生まれるのかもしれない。だとすると、枝分かれがあると人の同一性は失われると言う必要はない。前と同じように、人の「同一性」は連続性にほかならない(心理的連続性でも時空的連続性でもよいーーこのことは決めなければならないこととして残される)と言えるからだ。枝分かれが生じているケースでは、ただひとりの人と相異なる二人のあいだで、「人の同一性」という関係が成り立つこともありうるのだ。人の同一性が数的な同一性でなければ、これは別におかしなことではない。それでも、単なる質的な類似性(「彼は大学に行く前とは別の人間だ」)と、罰や期待や後悔と結びついた厳密な人の「同一性」は区別する必要がある。だが、この厳密な概念でさえ、数的な同一性よりは厳密ではないのである。
 赤ちゃんの頃の写真は自分と数的に異なる人の写真である。そんなことが本当に信じられるだろうか?このことにも信念のラディカルな変更が必要だ。だが時に哲学は、まさにそういうことを要求するのである。(pp.27-29)(セオドア・サイダー「人の同一性」『形而上学レッスン』(A.コニ― & S.サイダー著、小山虎訳、春秋社、2009)
---------------------------------
 これなら、de re のこのもの主義での可能世界相互の貫世界同定という難題を乗り切るのにも使えそうではないか。

アグリッパ・ゆうの読書日記(2022/7/22):『彼は早稲田で死んだ:大学構内リンチ殺人事件の永遠』を読んで思う

■最近、『彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠』(樋田毅、文芸春秋、2021)を読みました。革マル派に殺害された文学部の川口君の一年下の後輩でその後朝日新聞記者になった著者が、半世紀後に当時の状況を生々しく描き出し、当時の革マル派幹部を尋ね歩いたりしています。

この著者の周囲ではリンチにあい登校できず退学した学生多数だったようで、学問の自由以前の状況です。

半世紀前は京大某学部だって似たような状況だったのです(革マルではなく中核とブントが中心でした)。じっさい私も、乱闘に巻き込まれて怪我をしたりしています。また、オンラインジャーナル こころの科学とエピステモロジー のミショット翻訳の「解題」で、「いろんな事情で訳者はこの実験を続けることができず、修士論文も未公刊のままになってしまったが」(p.44)と書きましたが、いろんな事情とは全共闘派に研究棟を封鎖されたため実験ができなくなったことを指します。ところが全共闘派の学生の中にはバリケートの内側で実験をやって論文を書いた者がいました(その後どこかの大学で教授になったと聞いていますがコイツだけは許せません)。
このような経験があると、「般化の法則」によって嫌悪の対象が全共闘派だけでなくマルクス主義的左翼全般に及んでしまいます。けれど、寛容なリベラル社会を目指す者として、そのような感情をどこかで引きずっているのはまずいのではないでしょうか。上述の樋口氏も、非寛容に対していかに寛容でありうるかの問いを投げかけています。
そこで構想しているのが、現象学歴史学の試みとしての学問状況の現代史です。『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』(池上彰佐藤優)も読みましたが、著者らが当事者目線ではないので掘り下げが足りません。こちらで目論むのは、色んな立場(現象学でいう「地平」)での体験テクストの収集に基づくものです。
 等などと言っても、私には残り時間が少ないし、そもそも発表場所も簡単には見つかりそうもないので、だれか後から来る人に託せればいいです。

日本学術会議の抜本的改革を求める!

■もう数週間前のこと、日本学術会議が、会員選考の経路をより透明化することを中心とした改革案を出した、という新聞記事を読みました。いまさらという気もするが、外部からは分かりにくい会員選考の手順が透明化されるというなら、一歩前進と言うべきかもしれません。

 ところで私も、昨年1月、『表現の自由と学問の自由:日本学術会議問題の背景』(寄川条路編、社会評論社、2021)というブックレットに「学問の自由と民主主義のための現象学」と題する論考を寄せたことは、このブログにも書きました。ブログ記事はこのリンク先で読めるのでご参考までに。

 拙論「学問の自由と民主主義の‥‥」は学術会議問題が起こるかなり前に書いたので、出版間際になって出版社側に学術会議の事にも触れるようにと言われて最後に一文を追加したものです。けれども、刷り上がったものを見ると、カット部分もあって少しばかり文脈的におかしくなっていました。そこで元の文章を以下に出すとー-

 ―学術会議問題にも触れるよう編者に言われたので、当時、知人に語った言葉を記しておく。「以前某学会の役員をしていた頃、学術会議会員学会枠が回ってきて推薦したことがあったが、いつのまに前任会員が後任を推薦するように変ってしまった。いまどき前任が後任を推薦する人事など北朝鮮である。どっちもどっちだ」。

 その通りなのです。ずっと以前は学術会議会員は選挙だったそうで、その後各学会の推薦になったのですが、私がこの学会の役員を辞めた2000年以後、知らない間に前任者が後任を推薦する制度に変えられてしまったようです。

 従って私ども普通の学会所属の研究者には、学術会議会員に対するいかなる人事権もないのです。だから、日本の研究者を代表する組織だなどと学術会議側が自称したとしても、僭称にすぎません。

 学術会議問題が起こった菅政権の時期には、私の所にも政府に抗議するアピールに署名せよという文書が回ってきたのですが、学術会議会員を選ぶ権利を一方的に奪っておいて今更署名してくれ等と、厚顔無恥もいいところだと思い、無視しておきました。

 にもかかわらず「どっちもどっちだ」というのは、当時閣外にあった岸田さんが「乱暴なやり方だ」と批判したように、前触れなしに任官を拒否するのはやはり問題だからです。

 もし真に研究者を代表する組織が必要ならば、同じブックレットの「序論」で東大名誉教授の末木芙美人氏が書いておられるように、政府とは完全に独立な民間組織として各学会からボトムアップ式に選出し、手当てが必要なら学会が分担拠出するようにすべきなのです。

 政府はまずそのような問題提起を学術会議側にして組織改革を求めるべきだったのです。

 いずれにしても、私ども一般の研究者に選任権がないような組織を、一部の偽リベラルスターリニスト的な人々がキャンペーンを張っていたように全国の研究者の代表だなどと僭称するのは、それこそ学問の自由の侵害というべきでしょう。まさに北朝鮮なのです。

 重ねて主張します。日本学術会議は政府から独立の、諸学会から代表者を送り込んで手当も諸学会が分担するような組織へと、抜本的に改革すべきなのです!


【付記】この記事は時機外れと見えるかもしれませんが、最近、日本心理学会ニューズ上で、「2022/6/29 日本学術会議の活動と運営に関するご連絡」というリンクが張ってあって、その中で梶田会長の名義で、6名の任用問題はなお任用の実現に向けて官房長官と調整を続けてゆく、といったことが書いてあったので、触発されて書きました。任用問題などさっさと棚上げにして、早急に抜本的な改組改革に取り掛かるべきはないでしょうか。

追悼!安倍晋三元首相:左翼の暴力的ヘイトスピーチの積み重ねがテロルの呼び水になったのではないか?

安倍晋三元首相が参院選の応援演説中に凶弾で倒れた。QUADの枠組みを作るなど、外交・安全保障上の功績は大きい。冥福を祈る。

それにつけても、容疑者の言い分や政治的立場はどうあれ、安倍氏をターゲットとした左翼による長年の暴力的ヘイトスピーチの積み重ねが、このテロルの遠因になったと思えてならない。
 それについて、一年ほど前、このブログに記事を書いたので、そこから以下に引用する。最後の「左翼的ヘイトスピーチのターゲットが安部前首相に集中していることに気づく。安部さんにとっては名誉なことと捉えるべきか(笑。」の結びにある記号の「笑」が、今回の事件で笑いごとではなくなってしまったわけだ。旧社会党顧問で(当時の多分)民主党顧問だった北大の山口何某は、数年前の国会デモの集会で「アベよ、ぶった切るゾ~」と叫んだというが(これってもしかしたら殺人教唆罪に当たるのでは?)、このような左翼的ヘイトスピーチのくりかえしによって、「アイツは殺してもイイんだ」という空気が醸成されて、今回のテロルに発展したのだと考えられないだろうか。左翼的ヘイトスピーチは今までの日本では権力者への抵抗と見なされて大目に見られてきた事情がある。けれども立場はどうであれ人間一個の生命の値打ちは同等である以上、ヘイトスピーチヘイトスピーチなのだ。あらためて、左翼的な暴力的ヘイトスピーチの根絶を訴えるものである。

-------------2021年3月20日記事からの引用--------------

‥‥なるほど最近は左翼も、かつての暴力革命路線を引っ込めて、鎧の上の衣よろしく「リベラル」の仮面を付けるのに余念がないように見える。

けれども、ふとしたスピーチにも暴力性の片鱗が窺われて、ゾクッとすることがある。

昨年秋にも、精華大の準教授が、ユーミンが安部前首相の退陣を惜しむメッセージを発表したのを掴まえて、ユーミン荒井由実のままで死んでいればよかった、といったことをブログに書き、大学から訓戒処分を受けたというニュースがあった。

精華大と言えば、マンガ家の竹宮恵子さんが学長をやっておられることで知られているが(まだ現役だったかな?)、大学側の処分理由に、死んでいればよかったという暴力性は見過ごせない、といったくだりがあったことが印象に残っている。

処分を受けた准教授は資本論の研究者というから、ガチでマルクス主義者なのだろう。言葉による暴力をもヘイトスピーチとして許容しないほど、リベラル化が進んだ世の中で、マルクス主義左翼が時代に取り残されつつあることの、象徴的事件とみえた。

似たような事件で、6年前の安保法制問題のころ、国会前での反対派の集会で、山口なんとかという当時の北大教授で(たぶん)民主党の顧問だった人が、「安部よ、ぶったぎるぞー」とマイクで叫んだということがあった。

これなど、歴としたヘイトスピーチで、今の時代なら確実に問題視されただろう。

けれども、山口なんとか氏が、民主党はじめ集会の責任者側から処分を受けたという話は、ついぞ聞かない。

後で知ったのだが、この人は日本社会党史の研究者でもあるらしい。
年齢からいっても70年大学紛争の頃は暴力革命を怒号していたクチだと見当が付く。

ちなみに旧日本社会党は、名称から想像されるような社会民主主義政党ではなく、歴としたマルクス主義政党だった。だから社会民主党に党名を変更しようというときに反対論が噴出し、一部は新社会党へ、そして一部は民主党へと流れ込んだのだった。

それはともあれ、いくらリベラルの仮面を被っていても、左翼マルクス主義の暴力性がどこかで顔を出すものなのだ。ちなみに左翼的ヘイトスピーチのターゲットが安部前首相に集中していることに気づく。安部さんにとっては名誉なことと捉えるべきか(笑。

周知のように戦後左翼は、連赤事件からベルリンの壁崩壊と、崩壊の一途をたどった。これを右傾化などと胡麻化さないで、証言を残し、原因を究明し、代案を提起してゆかなければ、またぞろ同じことの繰り返しになってしまうだろう。

--------2021年3月20日の元記事全文はココ⇒2021・3月20日----------